Copyright (C) 田村食品広告コンサルティング All rights reserved

田村食品広告コンサルティング 

〒167-0033 東京都杉並区清水3-11-3

TEL 03-6339-8177

急げ!食品の栄養成分表示

最終更新: 2019年4月17日


2020年の4月から、ほとんどの加工食品は栄養成分表示をしなければならなくなります。食品事業者のみなさま、あと1年を切りました。準備はお済みですか。


栄養成分表示を怠ると食品表示法違反となり、罰金刑もありますので注意が必要です。

しっかりと準備しましょう。


栄養成分表示の方法は、成分分析、合理的な推定表示値の2種類があります。これらの方法は馴染む食品とそうでないものがあります。


(1)成分分析値が必要な食品

① 食品成分を「調合」したサプリメント等は成分分析が必要となります。分析は(一般財団法人)日本食品分析センターなどが専門に対応しています。今後、駆け込み需要が想定されますので、お問い合わせはお早めに。

② 「日本食品標準成分表(七訂)」に記載されていない食材は基本的に分析が必要な場合があります。


(2)合理的な推定表示値が可能な食品

「日本食品標準成分表(七訂)」に掲載されている食材で原材料の計算が可能なものです。お弁当、そうざい等がこれにあたります。「日本食品標準成分表(七訂)」は書店で入手できます。これらのデータをコンパクトにしたソフトも販売されているようです。

※ 他にもいくつかありますが、合理的な推定表示値は、表示値資料を保管するなどルールがあります。


つづく