外出自粛、食生活のポイント ~令和の試練2~

最終更新: 5月8日



テレビのニュースで気になることに目がとまりました。長期化が懸念される外出自粛で食事の栄養のバランスを心配している人が増えているというのです。

主婦や家族をもつ働く女性は、例えば子どもの学校が休みに加え夫がテレワークとなると家族分の3食を考えなければなりません。食料品の買出しも東京は小池都知事の要請で3日に1度、料理や家事を夫やパートナーと交互に分担するとしても、まとめ買いは結構大変な作業です。そんな時はあらかじめ、栄養バランスのいいメニューを決めて買物をすると食材を無駄なく揃えやすいと思います。また、家族は料理を作る人に、何を食べたいかを自己申告することも料理を作る人は助かります。料理のレパートリーは料理を食べてくれる人のアイデアで大きく広がります。「今夜のご飯は何かな?」と楽しみにする状況ではありません。是非、協力してください。あるいは、カレンダーに献立を記録して10日経ったら繰り返す「サークルメニュー」(10日分の献立を繰り返す)というやり方もあります。これは手抜きではありません。社員食堂や保育園給食など集団給食の手法の一つです。ご参考に。


一人暮らしをしている人でも一日中部屋で過ごしていると、食事も徐々に行き詰まってくるものです。はじめは好きなものばかりで満足していても、マンネリ化するとウンザリしてきます。デリバリーを工夫したり、真剣に毎日の食事を考えると結構難しいものです。そんなに食べていなくても動いていない分、運動量減で太ってくるのも困りものです。適度な運動も必須ですね。


ところで、管理栄養士の大先輩、足立香代子氏がブログ「コロナと闘う管理栄養士の食事公開」を始めました。足立氏は長年病院に勤務され、臨床栄養指導はもとより管理栄養士の第一人者です。地域医療活動にも積極的で、チーム医療にも尽力されています。3.11東日本大震災の時は、いち早く被災地に駆け付け、緊急事態用の食事メニュー集を現場に届けられました。また、我々同業者も多くのレクチャーを頂き、そのお人柄と行動力を大いに学ばせて頂いています。現在は一般社団法人臨床栄養実践協会理事長です。そんな足立氏が、この度、コロナに向けて立ち上がりました!

足立氏のご承諾をいただきましたのでブログ「コロナと闘う管理栄養士の食事公開」をご紹介します。まさに、全く先の見えない非常事態が続く中、あなどれない3度、3度の毎日の食事です。欠かせないものは何か、欠かしていいものは何か、何から摂ると不足しないか、気さくで、わかりやすい言葉と写真で解説されています。

栄養のバランスと食事の工夫について、みなさんもブログ「コロナと闘う管理栄養士の食事公開」を是非参考になさって、コロナ禍を逆手に取り、食生活の達人になって、今後にも役に立つ健康的な食生活を身に着けてください。

(なお、このブログは5.1ヤフーニュース、朝日新聞ネット版でも紹介されています。)


「コロナと闘う管理栄養士の食事公開」(足立香代子)

https://eiyoushokuji.blogspot.com/

Copyright (C) 田村食品広告コンサルティング All rights reserved

田村食品広告コンサルティング 

〒160-0005 東京都新宿区愛住町8-1-202

TEL 080-5054-3682