Copyright (C) 田村食品広告コンサルティング All rights reserved

田村食品広告コンサルティング 

〒167-0033 東京都杉並区清水3-11-3

TEL 03-6339-8177

「高輪ゲートウェイ駅」あれこれ

最終更新: 3月30日



「高輪ゲートウェイ駅」、東京都港区港南に山手線では1971年「西日暮里駅」以来の新駅が3.14に開業しました。駅舎のデザインは、東京五輪国立競技場をデザインした建築家隈研吾さん。和を基調とした折り鶴をイメージにしたそうです。また、各種のAIロボットが多数活躍して、駅中には無人コンビニなど、話題は満載です。


日本中が新型コロナウイルスで騒然とする中で明るいニュースでしたね。筆者はかつての勤務地の関係で品川駅、田町駅などはよく利用したものです。新駅にはまだ行っていませんが、見るのが楽しみです。


さて、この「高輪ゲートウェイ駅」の名前ですが、駅名公募では130位。断トツ1位は「高輪駅」で、新駅名の230倍の得票だったそうです。なんで?という感じもします。駅名変更の反対署名運動もなされ、賛否入り乱れ、ここまでに来るには色々あったようです。筆者は江戸の玄関口としてにぎわった「高輪大木戸駅」などは風情があって面白いと思いますが。


また、このカタカナ駅名の正面看板のフォント(字体)には「明朝体」(楷書(かいしょ))が使われたのも話題になりました。緑の看板に書かれたその文字のイメージは他の駅とはずいぶん違うようにも感じますが、筆者の個人的な感想は、令和の玄関口として悪くないと思っています。


今までにないことへの挑戦。駅名、明朝体の字体、折り鶴のデザイン、新しい高輪。

筆者は前向きにとらえています。


食品広告表示にもどこか通ずるものがありますよね。


ここで、突然ですが、山手線駅の「なぞなぞ」をひとつ。

問:駅名でたった2文字の駅はどこでしょう?

ヒント:「K」と「A」の2文字です。

答えは「K and A」(神田)駅でした。簡単でしたね。