代表あいさつ

長年、行政監視等で食品表示・広告指導に関わらせていただいた経験を土台に個人事務所を開設いたしました。行政の対応を知り尽くしているからこそ、事業者様のお力になれるコンサルティングでございます。

さて、食品表示法が完全実施になりましたが、特に「栄養成分表示」はほとんどの加工食品が義務表示となり、行政監視も主に新規の変更点を注視していると思います。
また、食品広告では景品表示法の厳正化に向けて「※事後チェック指針」を消費者庁が策定しました。これまで判然としなかった広告事例が多かった機能性表示食品制度運用の広告指針が明確になり、食品表示・広告の違反広告には課徴金が課せられるなど、厳しく監視体制が強化されています。

 

弊社では、日々変化していく食品表示・食品広告規制に対応し、事業者様のご要望にお応えしたいと考えております。食品表示・食品広告のご相談は、経験と実績で弊社が責任をもってご対応させていただきます。

 

事業者様に身近なコンサルティングとして、どうぞお気軽にご連絡ください。

 

※「機能性表示食品に対する食品表示等関係法令に基づく
事後的規制(事後チェック)の透明性の確保等に関する指針」
 

代表 田村米子

代表プロフィール

九州女子大学卒業、国立公衆衛生院(現国立保健医療科学院)

専攻課程修了 管理栄養士

1980年4月

東京都港区入区

民放TV局、大手広告代理店、大手食品事業者を擁する東京都港区みなと保健所において、食品の表示・広告指導に携わる。 相談事例は延3,000件を超える。豊富な行政指導実績をもつ。

2016年3月

同区 定年退職

同区再任用後、(公財)日本健康・栄養食品協会を経て、親族の在宅介護のために離職。

2018年10月

現場に復帰し、個人事務所「田村食品広告コンサルティング」開設、代表就任

Copyright (C) 田村食品広告コンサルティング All rights reserved

田村食品広告コンサルティング 

〒160-0005 東京都新宿区愛住町8-1-202

TEL 080-5054-3682